カードローンをお得に返済するには

同じだけのお金を借りたとしても、工夫次第で支払い総額が大きく変わるということがあります。
そこでここでは、お得にカードのローンを返済する方法を紹介します。
まずもっとも基本的なことは、できるだけ短期間で返済をするということです。
例えば、同じ120000円を1回払いで30日後に返済するのと、12回払いで1年後に返済し終わる場合を比較してみましょう。
前者の場合ですと、支払う利息の金額は1800円となり、返済総額は121800円となります。
一方後者の場合には、支払う利息の金額は21600円となり、返済総額は141600円となります。
返済回数が違うだけで、19800円もの差が出てしまうのですから、できるだけ早く支払いを終えたいものですよね。
だからといって、生活費を全て犠牲にしてまで121800円を翌月に返済することはありません。
それでは、その月の生活が成り立たなくなってしまいます。
くれぐれも無理のない範囲で返済をしていくようにしましょう。
これと関連することですが、「繰り上げ返済」というのも有効な方法です。
繰り上げ返済というのは何かというと、通常の返済とは別に、返済を行うということです。
繰り上げ返済をすれば、当然ながら短期間で返済を終えることができますので、是非利用したいところです。
ただし、繰り上げ返済をする際には注意点が2つあります。
まず、手数料の問題です。
カードローン会社では、最初に計画をして毎月の返済額を決めていきます。
ところが、途中で繰り上げ返済をすると、その計画に狂いが出てしまうもの。
それを修正するということで、手数料を徴収するところもあります。
手数料がかかるか否かは、カードローン各社で対応が異なりますので、確認しておきましょう。
もう1つは、通常の返済です。
繰り上げ返済というのはあくまでもイレギュラーな返済なわけで、それをしたからと言って通常の返済が免除されるわけではありません。
通常の返済ができないと、遅延損害金が発生してしまい、かえって高くついてしまうので、返済資金には余裕を持っておきましょう。
そして、口座引き落としを利用することです。
銀行のカードローンなどで多いのですが、申し込みの際に、銀行の普通口座を指定しておくと、そこから毎月自動的に返済額を引き落とすと言うサービスがあります。
このサービスは、非常に利用価値が高いです。
というのも、消費者金融や銀行のカードローンによっては、提携ATMを利用すると、借りる際だけではなく返済するときにも手数料がかかる場合があるからです。
これを「利用手数料」というのですが、取引金額によって手数料が変わります。
一般的には10000円を境に、それ以下ですと105円、それ以上ですと210円の手数料がかかります。
しかし、口座引き落としにすればその手数料はかかりません。
借り入れの際にも、仮に現金が必要なく口座振り替えをしたい場合には、その口座にお金を入金してもらうことも可能です。
そうすれば、利用手数料はかかりませんので。

This entry was posted in 即日カードローンやクレジットカードの罠. Bookmark the permalink.

Comments are closed.