銀行系と消費者金融系のカードローンの違い

カードローンといっても、様々な会社が扱っており、なかなかどれにしようか悩んでしまうもの。
様々あるカードローンを大別すると、銀行系と消費者金融系の2つに大別されます。
では、銀行系と消費者金融系、どのような違いがあるのでしょうか。
まずは経営基盤の問題です。
一見すると、経営基盤なんて消費車には何の関係もないように思えてしまいますが、そうではありません。
経営基盤がある程度しっかりしている会社であれば、1回の取引で大きな利益を出そうと思わなくなりますよね。
逆に、経営基盤が危ない会社ですと、何とか一発逆転を狙おうと、1回の取引で大きな利益を出そうとします。
カードのローンでも、同じようなことがいえます。
経営基盤が安定しているのは、概して銀行です。
銀行は他にも各種ローン商品を扱ったり、専門の人が投資を行ったりしており、経営基盤を安定させています。
カードローンというのは、その手段の一部に過ぎません。
一方、消費者金融にとってカードのローンというのは、収益の大きな大黒柱のような存在です。
これへの依存度がとても高いので、これが揺らいでしまうと大変なことになってしまいます。
とはいえ、最近では銀行と提携関係を結んでいる消費者金融もあり、そういった消費者金融系は経営基盤は比較的安定しているといえます。
消費者金融で「何とか銀行グループ」というよう名前がついていたら、それと思ってください。
次に金利に関してです。
金利に関しては、銀行系のほうが有利な金利を提示できております。
銀行系といいましても様々な銀行系があります。
地方銀行系や都市銀行、そしてネット専業銀行などです。
もっともその中で金利が引くといえば、ネット専業銀行でしょう。
実店舗を持たないので、余計な経費がかかりません。
その浮いた経費を、消費者に低金利という形で還元しているのです。
その次は都市銀行です。
都市銀行はスケールメリットがありますので、その経営基盤で低金利を実現させております。
地方銀行は、他の銀行系と比べると、金利面では若干厳しいですが、他のローン商品との同時利用で、金利を優遇するなどのキャンペーンを積極的に行っております。
住宅ローンを利用している人などは、利用価値が高いですね。
これらに比べると、どうしても消費者金融系は金利は高めになってしまいます。
とはいえ、金利の違いは4パーセント程度と、以前と比べれば大分その金利差は縮まっております。
そして審査に関してです。
審査に関しては、消費者金融系に軍配が上がります。
審査基準が低いということはもちろんですが、審査がとても早いということもメリット。
パートやアルバイト、主婦でも簡単にお金を借りることができます。
一方で、銀行系のカードローンは、やはり審査が厳しいです。
優良顧客を獲得するためには、審査を厳しくする必要もありますので。
ただし最近では一部銀行で、パートやアルバイトでも借りることができるようになっております。

Posted in 即日カードローンやクレジットカードの罠 | コメントは受け付けていません。